夏バテわんちゃんの体力回復ポイント

今日の関東はずいぶん涼しくなりました。

暑い日よりは過ごしやすいものの

夏バテで体調を崩しているわんちゃんには

この気温差と、いきなりの低気圧も

体のバランスが整えられないこが多いと思います。

西日本は今日も30度越えの晴れのようですね。

わんちゃんも飼い主さんも

熱中症、脱水症状には十分気をつけてください!!

前回も書きましたが

暑い日に

脱水症状を起こしてしまってるこには

緊急で「水」が必要ですが

夏バテをさせない、

夏バテから復活させるのに必要なのは

「栄養」です。

夏場に


きゅうり

スイカ

トマト

などをしょっ中、沢山食べてて

残暑がだるくなってしまってるわんちゃん多いです。

今日のように突然気温が下がった日も

ダルさが増すかもしれません。


夏の食べ物をよく食べてきたケースで

だるそうなわんちゃんには

今日のように涼しい日には

こちらを試してみてください

注意は

*アレルギーがない、もしくはアレルゲンが特定できてる


アレルゲンはもちろん除いて

ささみやおかかのスープを作って飲ませてあげてください。

ひは少し弱めでゆっくり煮出す感じが良いです。


煮出す時に辛くならない程度の少量の生姜を一緒にお鍋に入れてみてください。

ダルダル状態からの復帰の助けになると思います。

秋の前に食餌で体を調整をすることで

冬の健康管理になります。

夏にソフトクリーム、アイスクリームをしょっ中もらってて

夏バテを起こしてるこは特に冬もこたえてしまうケースが多く出ます。

乳製品が大丈夫なこは、お肉やおかかも大丈夫かと思うので

アレルゲンがなければ

上のスープを試してみてください。


わんちゃんの食餌の調整は

普段がドッグフードのこ、

手作りごはんのこ、

お薬を飲んでいるこ、

特定のサプリメントを続けてるこ、

太ってるこ、

やせ気味のこ、

それぞれの体が今必要としている栄養素は違います。

上に書いたような夏の食べ物をたくさん食べても

体力が落ちてない子もいます。


残暑も食欲に問題ないこは

これからは気候に合わせて

おやつやご飯の具に

秋の梨や根菜を取り入れ始めると良いです。


食欲がない子は

胃腸のケアもしながら回復をサポートしてあげると良いですね。

生姜は消化器の回復も助けてくれます。

わんちゃんのお食餌カウンセリングのご案内


現在症状のあるわんちゃんの食餌の選び方を知りたい、

特に症状はなくてもわんちゃんに適切な食材やフードを知りたい、

今わんちゃんが必要としている栄養素、

そして普段あげているものの中で

わんちゃんの体調を落としてしまっている食べ物の特定、

お申し込み後にメールでの質問票にご記入いただき

その内容を元に

後日スカイプかZOOMを使用して個別でご相談の流れになります。

ご相談後3週間(21日間)のチャットサービス(無料)で季節の変わり目を

徹底サポートいたします。

お申し込みはこちらのサイトから


A feeling of freedom

自然食とクリニカルグレードアロマで ペットと一緒にナチュラルライフ

0コメント

  • 1000 / 1000